RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
iPod Touchでガンシューを数種類遊んでみた感想
■ちっちゃい画面で直接タップ式は厳しい

今更ですが、iPod Touch(第4世代)を買ったので、iPhone用ガンシューをいくつかダウンロードしてプレイしてみました。

「Gun Strike」「Death Call」「Outlaw」「Gunzombie: Hellgate」「Wild West Guns(体験版)」「Time Crisis 2nd Strike」「Big Buck Hunter Pro」、だいたいそんな感じです。

ガンストライク、デスコール、アウトロー、ガンゾンビ・ヘルゲートは「ドラッグで照準、射撃ボタンで射撃」のゲーム、ワイルドウエストガンズ、タイムクライシスセカンドストライク、ビッグバックハンタープロは「直接タップで射撃」式のガンシューです。


ガンストライク。固定画面のガンシュー。
iPhone版はフルバージョン遊ぶためには89円の課金が必要、
Android版は課金なしで遊べる(広告解除には課金が必要)。



デス・コール。これも同じく固定画面のガンシュー。
描写は2D。課金オプションもあるが、基本的に課金なしでも
最後までプレイできる。



アウトロー。これも同じく固定画面のガンシュー。
描写は2D。課金オプションの価格がアホみたいに高い…。



ガンゾンビ・ヘルゲート。
一見FPS風だけれども、移動は一切なしなので
一応ガンシュー扱いにしておこうかと。
課金でしか買えない武装が多めなのでやる気が出ない感じ。



ワイルドウエストガンズ。直接タップ式のガンシュー。
Wiiウェアでもリリースされています。
直接タップ系は指でターゲットが隠れてしまうことと、
指の太い人がプレイすると弾がバラけて小さい的を撃つのが
困難になってしまう…というのが深刻な難点。
このゲームは、丸い大きなターゲットが多めなので
そこらへんの不自由感は割と少ない感じでした。



タイムクライシス・セカンドストライク。
BGMは過去のタイクラシリーズの流用。
ナビゲーターのおねーちゃんは不自然なくらいに
静止したまま口パクするだけ、
ムービーは派手さが一切なく
「Flashとか静止画像でもいいよね」レベル、
直接タップ式なのですが、遠くの敵に弾が当たりにくく、
自分の指が影になって、敵の命中弾発砲にも気づきづらい。
武器選択が武器アイコンを直接タップする方式になっているが
画面下・画面手前の敵を撃っている間に武器選択が暴発する
正直、出来が良いとはいえないガンシュー。
ちなみに、タイクラ4のジョルジョが主人公…なんだけど
彼は一切喋りません。



ビッグバックハンタープロ。アーケードの移植で
北米ではWii版も発売されている、ハンティング系のガンシュー。
こちらも直接タップ式で、指にターゲットが隠れて撃ちにくい、
指の太い人だと弾がバラけて命中が難しい難点はそのまま。
不具合のため、Wi-Fiをオフにしないと強制終了してしまいます。


結論としては、iPadのような大きめの画面ならともかく、iPhoneやiPod Touchのような小さな画面で直接タップ式のガンシューをやるのは非常にオススメできない…という結果に。

なぜならば、直接タップ式のガンシューは、直感的にプレイ出来るのは出来るのですが、

・自分の指で標的が隠れてしまう

・指の太い人は着弾率がどうしても低くなってしまう

という弱点があるため、小型サイズのスマホやタブレットでプレイすると、遠距離の敵に全然弾が当たらないという事態に。

「左の指でドラッグ、右の指で射撃」の場合、直感性は失われますが、遠距離の敵に対しての精密射撃がタップ系よりも容易に出来ます。

結論としては、小さなスマホサイズの本体では、直接タップ式のガンシューはかなり厳しいんだな、と思いました。

直感性がなくても、「左でドラッグ、右で射撃」タイプのほうが受け入れられやすいんだろうな…というのが、自分の出した結論です。

スマホやタブレットでのガンシューの操作系をどうするか…非常に悩ましい問題ですね。
author:KRTさん(三十路), category:■ガンシューの事をいろいろと, 20:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ガンスリンガーズ(Wii)のプレイ動画をUPしました
■ラスボスしかボス戦がないのは物足りない

北米Wiiのガンシューティング「Gunslingers」のプレイ動画を、ニコニコ動画とYouTubeにUPしました。





4人のガンスリンガー達が、悪の科学者の作った爆弾列車を止めるために全12ステージを駆け抜ける、西部劇ガンシューティングです。

Bボタン・Zボタンで射撃、Aボタン・Cボタンでリロード、というシンプル操作の、オーソドックスなタイプの操作系なので、すぐになじむ事が出来るでしょう。

このゲームは、操作形がシンプルで分かりやすいのは良いのですが、「敵が全く出てこない、単に移動するだけの空白時間」が多くて、テンションがなかなか上がりません。

その空白時間が「ストーリーを説明するため」「敵が出るぞという雰囲気作りのため」「演出を見せるため」のブランクなら良いのですが、ただ単に移動するだけなのがなんとも…。

グラフィック的には良い感じなのですが、なんとも物足りなさを感じてしまうゲームでした。
author:KRTさん(三十路), category:■ゲーム動画(ニコ動・YouTube), 00:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
チキンライオット(Wii)のプレイ動画をUPしました
■最終面のBGMが頭から離れない

北米Wiiのガンシューティング「Chicken Riot」のプレイ動画を、YouTubeとニコニコ動画にUPしました。





チキンブラスターと同じく、ニワトリを撃っていくガンシューティングです。

Bボタンで射撃、リモコンを振るかAもしくはZボタンでリロードです。

このゲームは、弾を外さず、ダメージを受けずにニワトリを倒し続けると、スコアに倍率がかかるようになっているので、ついついハイスコアを狙いたくなってしまうゲームですね。

エージェントスミス型ニワトリ、ターミネーター型ニワトリ、ガンマン型ニワトリなど、敵のバリエーションが豊富なのも楽しいです。

1ステージが無駄に長く、ステージ数が少ないのがちょっとマイナスポイントですが、チキンブラスターやワイルドウエストシュートアウトに比べると良ゲーかと思います。

とりあえずしばらく休憩してから、「Gunslingers」のプレイ動画の撮影に取り掛かろうと思います。
author:KRTさん(三十路), category:■ゲーム動画(ニコ動・YouTube), 17:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
チキンライオットを攻略中
■北米ガンシュー漬け

ここ最近は、Amazon.comで購入した北米ガンシューのプレイ動画の撮影とかをやっています。

ヘビーファイア・アフガニスタンのルーキーモード、ワイルドウエストシュートアウト、チキンブラスターはクリア出来たのですが、チキンライオットのプレイ動画の撮影で苦戦中…。


ニワトリを撃っていくガンシュー。
チキン系ガンシューの中では評価が高い一本。


Bボタンで射撃、Aボタンでリロード。

弾を外さず(かつダメージを受けず)にニワトリを倒し続ければ、敵や破壊可能物やアイテムを撃ったときのスコアに倍率がかかっていくシステムで、思わずスコアを狙いにいってしまいたくなる作りのゲームです。

敵のニワトリも、エージェントスミス風、ターミネーター風、魔女風、盾を持ったバイキング風、ガンマン風、ダースベイダー風など、キャラのバリエーション・個性的にもなかなかよく出来たゲームで、低価格系ソフトにしては上出来って感じです。

ただ、ダメージを受けた時の無敵時間がないので、火力のある敵を倒し損ねるとデスクリムゾンみたいにフルボッコにされるので、なかなか気の抜けないゲームです。

昨日の初プレイでは最終面でブチ殺され、今日は全ステージをノーデスでクリアしたのはいいのですが、エンディング手前でWiiがバグって動画撮影完遂ならず…。

明日はちゃんと動画が収録できると良いのですが…。
author:KRTさん(三十路), category:■ガンシューの事をいろいろと, 23:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
チキンブラスターのプレイ動画をUPしました
■クソゲーマニアの自分も喜べない不完全燃焼的クソゲー

北米Wiiのガンシューティング「Chicken Blaster」のクリア動画が取れたので、ニコニコ動画とYouTubeにUPしました。






タイトルのとおり、ニワトリを倒しまくるガンシューティングです。

Wiiザッパー使用の場合、Bボタンで射撃、Zボタンでリロード、ヌンチャクスティックで武器の切り替え、という操作になります。

画面中央下には、倒さなければならない敵の数が表示され、規定数の敵を倒したあとで「ヌンチャクスティックを上に入れる」と次のシーンに進みます。

このシステムは、「ワイルドウエストシュートアウト」にも受け継がれました。

このゲームのボス戦はちょっと特殊で、まず、緑色の卵を撃ち落としてボスの「卵ゲージ」をなくし、それから、赤く光るボスの弱点(赤く光ってる間しか攻撃を受け付けない)を撃ってボスのライフゲージをなくす…という二段構えになっています。

これに気づかないと「なんでいっぱい撃ってるのに倒せないんだ!?このクソゲーめ!!」とブチ切れる羽目になります。

実際、ストーリー皆無だし、ステージの進み方にもストーリー性はないし、「何も無い空間から突然敵が現れる」「無敵時間がほとんどない、もしくは皆無」というクソゲーガンシューのお約束を踏襲しちゃってるので、マトモなゲームを期待している人にはオススメできないゲームとなっています。

…といっても、クソゲーマニアの自分としても消化不良、不完全燃焼な感じを受けます。

アーケードシューティングギャラリーに比べたら必死に遊ぼうと出来るし、デスクリムゾンと比べるとヌルゲーだし…と、なんとも燃えきれない感じのゲームでした…。
author:KRTさん(三十路), category:■ゲーム動画(ニコ動・YouTube), 22:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ワイルドウエストシュートアウトのプレイ動画をUPしました
■ライトな感じの西部劇ガンシュー

北米Wiiのガンシューティング「Wild West Shootout」のプレイ動画を、ニコニコ動画とYouTubeにUPしました。





「悪者を倒して捕えられた動物達を救え」といった感じの西部劇ガンシューです。

Wiiザッパー方式では、Bボタンで射撃、Zボタンでリロード、ヌンチャクスティックで武器の切り替え…という操作です。

画面中央下に、倒さなければいけない敵の人数が表示され、規定数の敵を倒すと、次のシーンに進むことができます。

敵の飛び道具(斧・ヤリ・銃弾など)はプレイヤーのショットで撃ち落とすことが出来ますが、プレイヤーの照準を画面端に移動させることで回避することも可能です。

捕えられた動物は、檻を撃つことで救出することができます(ボーナスポイント加算)。

アイテムボックスを撃つと、武器の弾薬、回復アイテム…などのアイテムを取得できます。

「敵が何もない空間から出現する」「ダメージの無敵時間がない」など、クソゲーガンシューのお約束を踏襲してしまってるゲームでした…。

シンプルシリーズ的な低価格ゲームなので、まあ自分はそこそこ楽しめたのですが、コレはあまりオススメできる部類ではありませんね…。

良作ではないし、かといってクソゲーマニアとしても不完全燃焼感が否めないという…。

同じメーカーの作った、ほぼ同じシステムのガンシュー「チキンブラスター」のプレイ動画も撮れましたので、出来るだけ早く、そちらのほうのゲーム動画もUPしようと思います。
author:KRTさん(三十路), category:■ゲーム動画(ニコ動・YouTube), 21:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ヘビーファイア・アフガニスタン(北米Wii版)の動画をUPしました
■Wii版は会話シーン一切無し

Amazon.comで北米Wiiのガンシューを注文して、それがようやく届きました。


今回注文したのは以下の6本。



その中から、北米Wii版のヘビーファイア・アフガニスタンの動画を、ニコニコ動画とYouTubeにUPしました。





国内PS3版が酷い評価で、クソゲーオブザイヤーにノミネートされたそうで…。

でも、来年1月に続編が出ることが決まっているという話で…。

…。
……。
………。

…とりあえず続編、予約したほうがいいかなぁ…。
author:KRTさん(三十路), category:■ゲーム動画(ニコ動・YouTube), 19:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
安かろう悪かろう...100円ショップのおもちゃ
■剣を刺しても飛び出さない黒ひげ

FinePix Real 3D W3の3D写真の練習のため、100円ショップにて、おもちゃ、生活グッズなどをいくつか買ってみました。

とりあえず、その中の一つの、黒ひげもどきを撮ってみました。

黒ひげ
100円ショップで買ってきた黒ひげもどき。
剣を全ての穴に刺しても人形が飛び出しませんでした。


アナグリフは...ちょっとコントラストを低くしすぎてしまったのか、かなり薄い絵になってしまいました。

クロストークを避けようとコントラストを低くすると絵が薄くなり、薄い絵を避けようとすると残像が目立ってしまう...。

被写体との距離も問題かもしれません...ちょっと近づきすぎたかも...。

うーん…3D写真は難しいです…。
author:KRTさん(三十路), category:■お絵描き・CG関係, 21:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
デスクリムゾン2、DC版デスクリムゾンOXの録画とか
■デスOXむずいよ…。

セガサターンのデスクリムゾンのレビューのための資料として、続編であるデスクリムゾン2、デスクリムゾンOXの動画素材を撮るために、久々にドリームキャストを引っ張り出しました。


せっかくだから、俺はこの赤青メガネ写真をうpするぜ!


デスクリムゾンOXは、一部ボス(ソード・ザ・スティンクとかりん)が異常なまでに強く、また、DC版はドリームキャストガンの性能もあまり良くない(弾がバラけるので弱点を撃つのが厳しい)ため、ヌルヌル設定にしても1コインクリア出来ません…。

PS2版はヌルヌル設定でなら1コインクリア出来たのですが…。

あと、デスクリムゾン2をプレイしているのですが、アドベンチャーパートが長くて動画を撮るのに時間がかかりそうです…。

大昔にプレイした時は、ミッションモードのアッシムの館Bをクリア出来ずに投げてしまった記憶が…。

レビューに必要な部分さえ撮れればいいので、まあクリアなどは特に狙わず、必要な部分だけを撮るようにしようかと…。
author:KRTさん(三十路), category:■ガンシューの事をいろいろと, 22:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
嗚呼!赤青メガネ画像の難しさよ!
■残像との戦い

FinePix Real 3D W3とステレオフォトメーカーで、ステレオ画像の撮影・編集の練習中です。

平行法・交差法は特に悩むことは無いんですが、問題は、アナグリフ(※赤青メガネ画像)。

左右2つの視点が1画面の中に強引に詰め込まれてる都合上、どうしてもクロストーク(残像)と格闘せざるを得ません。

とりあえず、ウチの所有する改造ガンコン2を撮影。

改造ガンコン2.
サイトを集光仕様にし、グリップに
滑り止めを貼った改造ガンコン2。
グリップは手垢で真っ白(汗)


左右の画像のピントをどこに合わせるかで悩んだり、画像の明るさとコントラスト調整で悩んだり…。

「残像が目立たず、立体感が損なわれない画像」を作るのは難しいです…。
author:KRTさん(三十路), category:■お絵描き・CG関係, 00:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark