RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
これで自分も実写系3D職人だ! 「Finepix Real 3D W3」をゲット!
■久々の立体視

立体視の画像・動画が撮りたかったので、1万円台に値段の下がった、フジの「Finepix Real 3D W3」をヤフオクで落札しました。

他社の3Dカメラが30ミリ程度のステレオベースしかなく、「ペラペラの版画」「書き割り」レベルの立体感しか作れないような物であるのに対して、フジのW3はステレオベースが75ミリと、人間の両目幅レベルの良心的視差であることが購入の決め手でした。

それでも遠景を撮るにはエクステンダーがないと厳しいのですが、1〜2メートル程度の距離で撮る物に関しては、十分な視差を持った写真が撮れそうです。

で、早速、使い方の勉強を兼ねて、ステレオフォトメーカーで、平行法・交差法・アナグリフの画像を作ってみました。

平行法・交差法・アナグリフ

…。
……。
………。

アナグリフはやっぱクロストーク対策が難しいス…。






評価:
---
富士フイルム
¥ 17,500
(2010-09-04)
コメント:カメラの画質はともかく、ステレオベースが75ミリと、他社製の3Dカメラより広いのが魅力。それでも遠景を撮るにはベースエクステンダーが必要ですが…。

author:KRTさん(三十路), category:■お絵描き・CG関係, 22:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:04
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://krtsan.jugem.jp/trackback/637